デスクトップパソコン選びのポイント

使用目的を明確にして選ぶ

法人向けデスクトップパソコンを選ぶ時に、まず明確にしておきたいのが使用目的です。例えば、ビジネス文書を作るだけであればスペックの低いパソコンでも問題がありません。スペックの高さにこだわって選ぶと、導入費用が高くなるだけです。それに対して、プログラミングやデジタルコンテンツの作成など本格的な作業に使う場合は、スペックを重視して選ぶことが大切です。常に進化を続けているIT業界では、最新鋭の技術を求められることが多くなります。現時点の作業に合わせたパソコンを選ぶと、更に高度な作業が必要になった時に対応できない可能性が出てきます。それだけにIT関連の仕事で使う場合は、スペックを最優先して選ぶことがおすすめです。

パソコンを置くスペースを考えて選ぶ

デスクトップパソコン導入で必要になるのが、置き場所です。大きさはパソコンによって異なりますが、比較的省スペースな一体型であってもデスクに置くと手狭になってしまうことがあります。タワー型の場合、本体は足元に置くことも可能ですがディスプレイなどは机の上に置くことになります。パソコンのみで仕事ができるのであれば、デスクの大部分をディスプレイやキーボードが占拠する形になっても問題ありません。しかし、PCでの作業以外に書類の整理などの事務作業も行うのであれば、作業スペースを確保しておくことも必要です。それだけに、パソコンを置くデスクの大きさをしっかりと意識した上で本体を選ぶことも大切です。もしくは、導入するパソコンに合わせたデスクを用意しておくなどの対策を考えておくと良いでしょう。