デスクトップパソコンのデメリット

持ち運ぶことができません

パソコンを購入するときはデスクトップにするか、ノートタイプにするかも悩むところですが、デスクトップは画面が大きく安定感もあり、快適に使えるのがメリットです。
購入の際はメリットだけではなく、デメリットも知っておきたいですが、まず大きさもありますし、重さもあるのでノートパソコンのように自由に持ち運ぶことができません。それゆえ、外出先では使用することができませんし、パソコンに保存したデータを使用したい場合はUSBメモリやSDカードにコピーする必要もあります。
自宅でじっくりと作業をしたい時にはデスクトップパソコンは向いていると言えますが、外出先でも利用したい、職場でも活用したいという場合には向いているとは言えません。

設置場所を確保する必要があります

デスクトップパソコンはそれなりに場所を取りますので、自宅に置く際も設置場所を確保する必要があります。重さもありますので、安全に設置できることも大事です。設置の際には専用のデスクを用意しておくと良いでしょう。
外出先では利用できないのがデスクトップの最大のデメリットと言えますが、自宅で使う場合もやはり自由に移動させるのは難しいものがあります。
別の部屋で使用したいという場合も簡単に動かすことはできませんので、そのことは良く理解しておきたいところです。
そして、修理の際もノートの場合は簡単に店舗に持ち込むことができますが、デスクトップの場合は配線を外す手間もありますし、重さもありますので、修理に出すのもやや苦労があります。修理の際は自宅まで来てもらえるか、引き取りサービスがあるかも確かめておきましょう。